料金について

ミクロネシア、ポンペイのサンゴ礁とマングローブの空撮。 写真©ジェズオヘア

ブルーカーボンのプロジェクトやプログラムは、さまざまなメカニズムを通じて資金を調達することができます(例: 参照 ) これらは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)、生物多様性条約(CBD)、ラムサールなど、気候変動と生物多様性関連の資金調達メカニズムの両方に関連する資金によって支援されます。

政府資金開発銀行

UNFCCCの下では、地球環境ファシリティトラスト基金とその焦点、特別気候変動基金、後発開発途上国基金といった気候関連基金を通じて、ブルーカーボンの緩和と適応の活動に資金を提供することができます。 グリーン気候基金と 適応基金 ブルーカーボンプロジェクトに資金を提供する他の選択肢はあります。 さらに、ブルーカーボンプロジェクトは開発銀行からの気候変動基金を通して資金を供給されるかもしれません(例えば、 アフリカの そして アジアの 開発銀行、米州開発銀行、そして バイオカーボン基金 世界銀行のカーボンファイナンス部門の一部として)。

気候資金に加えて、生物多様性関連の資金調達メカニズムもまた、ブルーカーボン生態系の保護と回復を支援するために使用することができる(例えば、生物多様性条約を支援する地球環境ファシリティおよびいくつかの支援をする資金)。 ラームサル:将来のための湿地、小規模補助金基金、スイス補助金基金、および長尾湿地基金。 参照

生物多様性と炭素基金の組み合わせは、気候変動の緩和と適応だけでなく、生物多様性にとっても有利な状況を持つ活動のための追加の資源を活用することができます。

ブルーカーボンプロジェクトに関連する主な気候(ダークグリーン)および生物多様性関連(ライトグリーン)の資金調達メカニズムの概要。 出典:Herr et al。 2014

ブルーカーボンプロジェクトに関連する主な気候(ダークグリーン)および生物多様性関連(ライトグリーン)の資金調達メカニズムの概要。 出典:Herr et al。 2014

規制および自主的な炭素市場

炭素市場は、ブルーカーボン生態系の保全と回復を支援するための重要な資金源です。 炭素市場は、買い手が排出量を相殺するために使用するクレジット(すなわち排出量取引)として、貯留炭素を定量化し販売することができるという考えに基づいています。 カーボンクレジットは検証された後、コンプライアンス市場または任意市場で販売されます。

自主的な炭素市場は、企業、政府、NGO、および個人が自主的な排出削減を購入することによって排出量を相殺することを可能にし、場合によっては社会的、経済的および生物多様性のコベネフィットももたらす。 言い換えれば、企業は、ブルーカーボンエコシステムの保護/回復への投資と引き換えに、排出量を管理するための認定カーボンクレジットを受け取ることができます。

関連するメカニズムには、開発途上国が国際的な炭素削減資金の流れにアクセスし、国内のプログラムや政策を実行するための、森林減少による削減(REDD +)や国家的な適切な緩和行動(NAMAs)が含まれます。 クリーン開発メカニズム(CDM)と自主的な炭素市場は、ブルーカーボン生態系の保全を含む気候緩和行動を支援するために地域規模で使用することができます。

セイシェルの債務再編は、沿岸、サンゴ礁、マングローブの管理の改善を通じて、気候変動への適応を支援するための資金を提供します。 写真提供:ジェイソンヒューストン

セイシェルの債務再編は、沿岸、サンゴ礁、マングローブの管理の改善を通じて、気候変動への適応を支援するための資金を提供します。 写真提供:ジェイソンヒューストン

しかしながら、カーボンファイナンスだけではブルーカーボンエコシステムの保護を支援するには不十分かもしれないので、カーボンベースの活動を非カーボンベースの資金源で補完する一連の資金調達オプションを探求することが重要である。 参照).

その他の資金調達オプション

  • 交付金と民間の慈善事業 - ブルーカーボン事業に資金を提供する最も柔軟な方法の1つ
  • 革新的な資金メカニズムは、新しい形態の資金へのアクセスやさらなる保全のための収入源を提供することができます。 例は次のとおりです。
    • 生態系サービスに対する支払い - 直接市場を使って特定の活動に対する支払いを受け取る
    • 「グリーン」製品および市場の促進
    • ブルーボンド 参照
    • 企業の社会的責任を実践する企業が利用する、リスク移転および保険の仕組みの利用、ならびに生物多様性オフセットなどの緩和措置
    • 債務交換自然契約 参照 最近セイシェルのために発表されました、そして炭素隔離は今やこれらのタイプのイニシアチブの下で資金を供給されたプロジェクト活動のための追加の目的として考えられることができました。 参照