気候脆弱性と容量分析ハンドブック

フィリピン。 写真©TNC

ケアは気候脆弱性と容量分析(CVCA)方法論を開発し、関連付け ハンドブック 開発実務家が貧困削減と災害リスク軽減の取り組みの文脈の中で気候変動の影響を理解するのを助けるために2009で。

北部ガーナのBawku DistrictにあるBansi Villageの女性たちのグループは、参加型エクササイズの間に軽い瞬間を楽しんでいます。 写真©CARE / AngieDazé

北部ガーナのBawku DistrictにあるBansi Villageの女性たちのグループは、参加型エクササイズの間に軽い瞬間を楽しんでいます。 写真©CARE / AngieDazé

CVCAの主な目的は、気候変動の脆弱性と適応能力を地域社会レベルで分析し、地域社会の知識と科学的データを組み合わせて気候変動の影響に関する理解を深めることです。 ハンドブックは、コミュニティのコミュニティおよびコミュニティ内の個人および世帯の脆弱性および適応能力に関する情報を収集、整理、および分析するための方法論に関するガイダンスを提供します。

ハンドブックは主に開発実務家向けに設計されており、プロジェクトサイクルの最初に適用されることを目的としているので、その結果は適応プロジェクトや擁護キャンペーンのデザインを支援するために使用することができます。

ハンドブックは、全国、地域、そして家庭/個人レベルでのコミュニティベース適応(CBA)の実現要因を探る質問を導く枠組みを提供することによって、分析のための柔軟で参加型のプロセスを提供します。 これには、制度マッピング(適応の取り組みを支援または制約する可能性のある関連機関を特定するための)制度マッピング、主要な利害関係者へのインタビュー、および政策分析を含む推奨ツールの議論が含まれます。

気候変動をより幅広い参加型の脆弱性分析に統合する、CAREのコミュニティレベルのツール。

気候変動をより幅広い参加型の脆弱性分析に統合する、CAREのコミュニティレベルのツール。

CVCAツールの利点

  • 気候変動の影響、地域の脆弱性、および既存の適応能力に関する状況固有の情報を提供することによって、計画プロセスを直接サポートする機能
  • 国や地域レベルの評価を支援するために使用できる
  • 地方レベルおよび国レベルでの適応を支援するための可能な環境を作り出す方法に関するガイダンスを提供する
  • 英語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語で利用可能です。

CVCAツールの制限

  • 将来の気候予測やその他の科学的情報をコミュニティの対話に取り入れる方法に関する具体的なガイダンスは提供していません。
  • 気候や脆弱性データの不確実性にどう対処するかについてのガイダンスは提供していない
  • 収集された情報の分析方法に関するガイダンスの欠如(例えば、性別の不平等が脆弱性の根本的な原因として認識されているが、ハンドブックでは、性別別データの収集を推奨しているにもかかわらず)
  • 適応行動の優先順位付け方法に関する詳細なガイダンスは提供していません。

教訓

  • このツールを使用した経験から、ユーザーはデータ分析全般、特に性別分析に関するより明確なガイダンスを望んでおり、必要としていることがわかりました。
  • 脆弱性と適応能力に関するより強い生態系の観点の統合を検討することが重要
  • 情報を収集し、データを分析し、分析を検証し、そしてより広い参加型の計画プロセスに適用するためには、地元の利害関係者との重要な関与が必要です。 ツールの適用に必要な期間はプロジェクトの範囲によって異なりますが、サイトあたり平均6月