回復力に基づいた管理ワークショップ–オーストラリア、2019

2019人のマネージャー、科学者、および政策立案者が、XNUMX年の国際サンゴ礁イニシアチブ総会に関連して、オーストラリアのタウンズビルで開催されたレジリエンスベースの管理(RBM)ワークショップに参加しました。 XNUMX日のワークショップで、参加者はサンゴ礁の生態系の回復力について学びました。 RBMとは何か、それが従来の海洋管理の上にどのように構築されているか。 サンゴ礁の回復力の評価とそれらが世界的にどのように使用されているか。 そして、Resilient Reefs InitiativeとReef Resilience Network。 参加者は、RBMの計画、実装、およびコミュニケーションについて優先順位をブレインストーミングしました。 ワークショップでのプレゼンテーションと参加者からのフィードバックにより、RBMの新しいネットワークWebページの開発が通知されます。 ワークショップは、グレートバリアリーフ海洋公園局(GBRMPA)、グレートバリアリーフ財団(GBRF)、およびリーフレジリエンスネットワーク(RRN)が主催しました。

発表者への特別な感謝:マーガレット・ジョンソンとロジャー・ビーデン(GBRMPA)。 ピーター・マンビー博士(クイーンズランド大学およびGBRF); エイミーアームストロング(GBRF); エリザベス・マクロード博士とエリック・コンクリン博士(TNC)。 ジェニファー・コス(NOAAサンゴ礁保全プログラム、ジョエル・ジョンソン(ニンガルー海岸)、クリステン・メイズ(RRN)。