回復力ベースの管理(RBM)

TNCハワイプログラムダイバーが、西ハワイ島の海岸に沿ってレジリエンス評価を実施しています。 写真©デビッド・スレーター

最近の大規模なサンゴの白化現象、気候の影響の増加の予測、世界中のサンゴ礁の広範囲にわたる劣化により、サンゴ礁とそれらに依存する人々と地域経済の回復力をサポートする管理アプローチへの移行がありました。 回復力ベースの管理(RBM)は、生態系機能に影響を与える現在および将来のドライバーの知識を使用して、生態系と人間の幸福を維持する管理アクションの優先順位付け、実装、および適応を行う管理アプローチです。

このセクションでは以下について説明します。

西オーストラリア州のニンガルーリーフのミドリイシサンゴとブルーグリーンクロミス。 写真©スティーブ・リンドフィールド

西オーストラリア州のニンガルーリーフのミドリイシサンゴとブルーグリーンクロミス。 写真©スティーブ・リンドフィールド

このコンテンツは、グレートバリアリーフ財団、国立海洋大気庁サンゴ礁保全プログラム、グレートバリアリーフ海洋公園局、国際サンゴ礁イニシアチブ、国連環境プログラム、クイーンズランド大学と共同で開発されました。