ストーニーサンゴ組織損失疾患学習交換–フロリダ州、2019

写真©S.フリュー

リーフレジリエンスネットワークとネイチャーコンサーバンシーラテンアメリカ、メキシコ、北中米プログラムは、MPAConnect Peer-to-Peer Learningに参加するために、メキシコのセントロリージョナルデインベスティガシオンアキュコライペスケラ(地域漁業研究センター)のマネージャー、エイドリアンアンドレスモラレスを後援しました交換:カリブ海の海洋天然資源管理者のための石質サンゴ組織損失疾患(SCTLD)。 8月からフロリダで開催された1-2、2019のラーニングエクスチェンジには、34の国と地域からの17参加者が含まれていました。 現在SCTLDの影響を受けているか、病気にかかりやすいカリブ海諸国および地域に能力開発支援を提供しました。 カリブ海全域の海洋資源管理者の関与により、この病気に関する情報の広範な普及が可能になり、管理者、メンター、専門家の汎カリブ海ネットワークを確立し、地域のSCTLDを監視、検出、対応するのに役立った。 すでにネットワークは、サンゴの病気の特定、モニタリング結果の解釈、治療プロトコルに関するアドバイスや連絡先の共有、意思決定者へのアウトリーチのガイドなどの技術支援でメンバーを支援する役割を果たしています。

MPA Connect 湾岸およびカリブ海水産研究所と米国海洋大気庁のサンゴ礁保全プログラム(NOAA CRCP)のパートナーシップであり、NOAA CRCPおよびNFWFサンゴ礁保全基金からの資金援助を受けています。