コラボレーションとコミュニケーション

水中下水道管。写真©グラフナー/iStock

コラボレーション

下水汚染は、複数の景観(すなわち、尾根から岩礁まで)および複数の部門または分野(公衆衛生、環境、公共事業/インフラなど)にまたがるため、複雑な問題です。

この汚染物質は横断的な影響を与えるため、これに効果的に対処するために、海洋管理者はサンゴ礁管理の分野を超えて目を向け、通常はサイロ化されている複数の部門の同僚と協力する必要があります。これらの分野には、公衆衛生、衛生、慈善活動、エンジニアリングなどが含まれます。その他の重要なパートナーには、沿岸地域および隣接する高地地域の管理者、観光局、公益事業者、政策立案者などが含まれます。

統合されたアプローチは、この複雑な問題に対処するためにこれらのセクターを結合するための調整され相互接続された方法を提供します。廃水汚染に対する統合的なアプローチを導入する際には、複数の種類の利害関係者が関与する可能性があり、それぞれが異なるスキルを発揮します。統合された保全および衛生プログラムを実施する際に関与する可能性があるさまざまな利害関係者グループについては、以下の図を参照してください。 参照

統合された保全および衛生プログラムを実施する際に関与する可能性のあるさまざまな利害関係者グループ。出典: Wenger et al. 2023年

統合された保全および衛生プログラムを実施する際に関与する可能性があるさまざまな利害関係者グループ。ソース: ウェンガー等。 2023

部門を超えたコラボレーションは、新しい意見やソリューションを最前線にもたらし、複数の利点を生み出すソリューションを強化および改善する素晴らしい機会を提供します。 参照 部門を超えたコラボレーションがどのようなものであるかは、管理者のニーズと地域の状況によって異なります。以下に、陸域資源管理者、コミュニティ、WASH 部門、政策立案者、産業界などのいくつかのグループと協力する際に​​考慮すべき事項に関する情報を提供します。

 

陸域資源管理者との提携

A 「尾根からサンゴ礁へ」の管理アプローチ 陸上と沿岸水域の管理活動を結び付け、流域全体および政府機関全体にわたる統合ソリューションを実現します。 Ridge-to-Reef プロジェクトは、廃水管理の改善と陸上汚染の削減を同時に目指し、サンゴ礁、陸上生態系、人々に利益をもたらします。海洋管理者は、海洋への汚染物質の流入を遅らせたり止めたりする浸透性の表面、植生、建設された湿地の増加などの廃水削減プロジェクトに協力するために、内陸の同僚と関係を構築する方法を検討することができます。

オーストラリアのサンゴ礁

流域全体の保全活動をリンクする統合されたアプローチは、サンゴ礁に利益をもたらします。 写真©JordanRobins / TNC Photo Contest 2019

 

監視と権利擁護にコミュニティを参加させる

コミュニティのメンバーを廃水モニタリングに参加させることで、問題を直接見ることができ、調査結果を伝え、解決策への支持を築くための擁護者としての役割を果たすよう動機づけることができます。また、管理者に現場で必要なサポートを提供し、大学、非政府組織、政府機関、地元の研究者とのパートナーシップを促進することもできます。

こちらを参照してください。 ケーススタディ ワーク 4 ウォーターの設立について。ワーク XNUMX ウォーターは、ハワイ州の汚水溜めの交換を通じて雇用を創出し、廃水汚染に対処するために開発されたパートナーのコンソーシアムです。

 

WASHセクターとの協力

持続可能な衛生ソリューションを開発するには、保全と水、衛生、衛生 (WASH) の専門家の間で専門知識を共有することが重要です。 WASH の取り組みは、人々が飲料用にきれいな水を利用できるようにし、し尿を安全に処理できるようにし、病気の蔓延を減らすための適切な衛生習慣への意識を高めます。これらの取り組みには、さまざまなプロジェクトが含まれる場合があります。

  • 学校や地域社会での教育プログラム
  • 石鹸や浄水器の寄付
  • トイレやトイレを建設し維持するための企業や地元の労働者とのパートナーシップ
  • 地方自治体と協力してし尿処理のベストプラクティスを確立する
  • 研究および学習活動

WASH部門は安全な飲料水と衛生設備へのアクセスに重点を置いているため、環境への影響や汚染の全体的な原因ではなく、当面のニーズと解決策に優先順位が置かれている可能性があります。しかし、環境とWASHの専門家間の協力は相互に利益をもたらし、人と自然の両方を助ける解決策を特定する可能性があります。

 

政策立案者の関与

状況に応じて、廃水政策が優先される場合もあれば、優先されない場合もあります。しかし、廃水汚染を軽減するには、公衆衛生と環境衛生に対処する政策を作成することが重要です。廃水汚染に関する規制を調整または策定する場合、重要な手順には次のものが含まれます。 参照

  • 衛生、環境保護、民間部門の調整を担当する機関に対する明確な権限と責任を確立する。 参照
  • 政府内でさまざまな分野にわたる政策を主導、策定、実施、監視、評価する能力を開発する。 参照
  • 特定の状況とニーズに基づいて、作業に十分なリソースを動員します。
  • 評議会や委員会などのハイレベルの調整メカニズムを活用します。
  • 政府当局と他の機関との間のコミュニケーションと協力を促進する、正式なガバナンスの取り決めと非公式のメカニズムを奨励する。

廃水汚染に特化した調整機関を設立することも、状況固有の問題をより深く掘り下げ、政策上のアドバイスを提供し、廃水汚染戦略を確実に成功させるための強力なメカニズムとなり得ます。廃水汚染を緩和するための調整機関は、さまざまな形態と役割を担うことができます。たとえば、政府の諮問機関は、政策が整合的かつ補完的であることを確認し、利害関係者と連携し、政策実施戦略を開発し、資金調達メカニズムを推奨し、政府レベル全体で活動を調整することができます。 参照

作品を読む-4-水 ケーススタディ 下水道衛生システムの設置と保守を担当する新しい労働力を募集し、訓練するユニークなパートナーのコンソーシアムについて詳しく知ることができます。このパイロットは、何千人もの新規労働者向けの研修プログラムを作成するためのモデルとして機能し、ハワイ州が 88,000 年までに 2050 個の汚水溜めを下水道に置き換えるという目標に向けて前進するのに役立ちます。

 

業界との連携

商業、漁業、観光、開発業者、民間部門などのさまざまな産業が、廃水汚染を軽減する役割を果たすことができます。たとえば、観光産業の各部門は、クルーズ船やホテルの施設などでの廃棄物を自ら管理する責任を負っている場合があります。彼らの成功は良好な水質にも依存しているため、汚染削減において熱心なパートナーとなる可能性があります。衛生、公共事業、およびその周辺技術に関わる他の業界も役割を果たすことができ、廃棄物管理における新たなビジネスの機会を見出している可能性があります。

コミュニケーション

し尿に関する長年のタブーは、下水汚染についてのコミュニケーションに特に課題をもたらしています。これらのタブーと、人間の排泄物、除去活動、廃棄物管理について視聴者が何を考え、感じているかを時間をかけて理解することは、成功するソリューションを開発し、対象視聴者からの支持や同意を得るために重要です。廃水汚染の場合、問題の範囲を調査することは、地域の課題を特定し、適切な目標を設定するための優れた出発点となります。もう XNUMX つの課題は、コミュニティに参加してもらい、衛生ソリューションをサポートおよび/または参加してもらうことです。人々に行動を促すことはすぐには起こりません。戦略的コミュニケーションは、これらの課題に対処するのに役立ちます。

戦略的コミュニケーションとは、特定の目標または結果を達成するためのコミュニケーションの意図的な使用です。 特定の目標を達成するために、適切なチャネルを通じて適切な人(またはオーディエンス)に適切なメッセージを適切なタイミングで配信することに重点を置いています。

このアプローチは、海洋管理者と開業医がサポートを構築し、意識を高め、資金を生み出し、関係を強化し、行動と世論に影響を与えて、長期的な目標と短期的な行動を達成するのに役立ちます。 必要に応じて、次の手順に従って、コミュニケーションが的を絞って調整され、タイムリーに行われるようにします。

ロゴ2021の戦略的コミュニケーションプロセス

 

通信ワークブックの表紙

ガイドにアクセスするには、上の画像をクリックしてください

  保全のための戦略的コミュニケーション このガイドでは、廃水汚染問題に変化をもたらすためのコミュニケーション計画を策定するための計画プロセスについて説明します。コミュニケーションに関するガイダンス、例、計画ワークシートを提供します。

コミュニケーションが廃水汚染の軽減にどのように役立つかの例については、以下をご覧ください。 このケーススタディ 米国ニューヨーク州ロングアイランドで行われた調査では、管理者が世論調査とフォーカスグループを利用して重要なメッセージを作成し、窒素汚染に取り組むための最良のステークホルダーコミュニケーション戦略を決定しました。

行動変容戦略としても知られる、追加の教訓を学ぶことができます。 ソーシャルマーケティング または行動中心のデザイン。 リソースを探索する Reef Resilience Network がレア社などと共催した最近の廃水汚染に対する行動中心設計ワークショップから、行動に関する洞察を活用して行動を変える方法について詳しく学びました。

ポルノ youjizz xmxx 先生xxx 性別
Translate »