新たな管理ソリューション

革新的な技術の開発と従来のシステムの改良により、廃水処理方法が強化されます。これらの新しい管理戦略の中には、処理効率の向上、排水の水質の改善、または廃水から回収される貴重な資源から利益を生み出すことを目的としたものもあります。

浄化槽システムの効率向上

浄化システムが広く使用されるようになった結果、独自の処理ニーズに対応するさまざまな改良が開発されました。これらの追加の処理ステップにより、環境に流入する廃水がよりきれいになります。これらのシステムは通常、飲料水源として井戸と組み合わせられるため、飲料水の品質も向上します。治療のニーズには、システムの能力と効率の向上、または栄養負荷の軽減が含まれる場合があります。こうしたシステムの改善はますます一般的になってきており、特に廃水の影響を受けやすい一部の場所では必要とされることさえあります。

チャンバー浄化槽システムは、従来の砂利/石浄化槽設計に代わるもので、建設は簡単ですが、それほど効果的ではありません。チャンバーシステムでは、排水場は土壌に囲まれた一連の密閉チャンバーで構成されます。廃水は浄化槽を通ってチャンバーに移動し、そこで土壌中の微生物が病原体の除去に役立ちます。

チャンバー浄化槽システムUSEPA

チャンバー浄化槽システム。 出典:USEPA

クラスターまたはコミュニティの浄化槽システムは、家のグループからの廃水を組み合わせることにより、廃水処理の効率を高めます。 各家には、初期処理を提供する独自の浄化槽があります。 排水は一緒になり、共有排水路を通って流れます。 これらのシステムは、家が近くにある田舎の成長しているコミュニティで最もよく機能します。

クラスター浄化槽システム

クラスター浄化槽システム。 出典:USEPA

砂フィルターを含む新しい浄化システム技術により、排出前に廃水から栄養分を除去する能力が向上しています。下の図に示すように、砂フィルターは従来のシステムより高価ですが、近くの水域の栄養塩レベルを軽減するのに役立ちます。

サンドフィルター浄化槽システム

サンドフィルター浄化槽システム。 出典:USEPA

栄養素汚染に特に敏感な水界生態系のある場所では、好気性処理ユニットは、集中処理プラントで使用される処理の小規模バージョンを提供します。 酸素を追加すると、細菌の活動が増加し、栄養レベルが低下します。 一部のシステムには、病原体を除去するための消毒ステップを備えた追加の処理タンクがあります。

好気性治療ユニット

好気性治療ユニット。 出典:USEPA

ジョブの設定方法については、 ニューヨーク州ロングアイランドのケーススタディ 古い浄化槽システムを、排水からの窒素の約95%が流域に入るのを防ぎ、地下水帯水層を再充電できる浅い浸出場を備えた窒素削減システムに置き換える取り組みについて説明します。

資源回収のためのシステム

資源回収とは、し尿から水と固形物を回収して再利用することを指します。資源回収戦略の利点には、人間と海洋の健康に有害な栄養素や汚染物質を除去し、廃棄物から貴重な資源を回収することが含まれます。また、存在しない衛生システムとして導入したり、時代遅れの処理システムを改善/置き換えたりすることもできます。リソース回復のための戦略には次のようなものがあります。

  • 淡水の埋め立て 灌漑やその他の非飲料用途に使用でき、将来の衛生や処理に必要な水を削減することもできます。
  • バイオソリッド 適切な基準に従って処理された場合、肥料として土壌に添加されます(たとえば、 ループバイオソリッド 米国シアトルでは、微生物と消化のための熱を利用して、庭園や森林で使用する製品を製造しています。
  • 精密濾過, 逆浸透, > UV 飲料水を作るため(たとえば、 オレンジカウンティウォーターディストリクトの地下水補給システム 米国ロサンゼルスの飲料水用)。
  • バイオガスの生成 嫌気性消化 メタン回収 - 資源の回収、バイオソリッドの処理、温室効果ガス排出の軽減を目的として、大規模な下水処理プラントでよく使用されます。

資源回収は、小規模な分散型システムと大規模な集中型処理プラントの両方のソリューションとして注目を集めています。

以下では XNUMX つのプロジェクトまたは運用について詳しく説明し、小規模なコンテナベースのソリューションと大規模な地方自治体規模のイノベーションの例を示します。

ハイチでは、非政府組織 SOIL(持続可能な有機統合生計) 資源回収技術を応用し、コンテナベースの衛生設備や農業用肥料を提供しています。このシステムは、アクセスできない人々にコンテナベースのトイレを安全に提供し、汚染と浸食に対する解決策を提供します。 SOIL は尿を迂回させ、固形廃棄物を水路から隔離し、病気を防ぐために毎週容器を回収します。その後、SOIL は廃棄物を堆肥化施設に輸送し、そこで世界保健機関が定義した基準に従って処理されます。完成した肥料は、作物の収量を増やし、浸食を減らすために農家に販売されます。

SOILコンテナベースの衛生および資源回収プロセスの図

SOILコンテナベースの衛生および資源回収プロセスの図。 出典:SOIL

インフラストラクチャーは多くの場合、地域の地形によって制約されます。浮遊領域、氾濫原、不浸透性の土壌、海岸地帯では、多くのシステムの導入が困難になる可能性があります。 HandyPod は、廃水を徐々に処理し、水中または陸上環境に排出する XNUMX つの接続されたコンテナで構成される低コストのシステムです。を参照してください。 カンボジアのトンレサップ湖とミャンマーのインドージー湖の事例研究 の開発と実装について説明する Wetlands Work のハンディポッド.

ハンディポッドシステム。出典: 湿地事業

ハンディポッドシステム。出典: 湿地事業

理想的には、Sedron Technologies の例に見られるように、資源回収は完全なクローズド ループ システムを通じて廃棄物から価値を生み出します。 Janickiオムニプロセッサー。オムニプロセッサーは人間の排泄物やゴミを取り込み、電力ときれいな飲料水に変換します。これは、蒸気発電所、焼却炉、水ろ過システムが 700 つに結合されたように機能します。このシステムはまだセネガルのダカールにあるプロトタイプだが、運用(稼働するためのエネルギーを自ら生成するため)や天然資源の投入(下水とゴミが無料であるため)に関連するコストを相殺できる可能性を実証している。ダカールでの初年度に、オムニ プロセッサーは推定 XNUMX トンの糞便汚泥を処理しました。このシステムを構築するには初期コストが高いことを認識しており、オムニ プロセッサーは将来、世界中の都市にサービスを提供する大規模な下水処理プラントの代替となることが期待されています。

Janickiオムニプロセッサ。 出典:Janicki Bioenergy

Janickiオムニプロセッサ。 出典:Janicki Bioenergy

最近のイノベーション

  • ジオテキスタイル砂フィルター 最初にジオテキスタイル生地とプラスチック素材に水を通し、次に追加のろ過のために砂に水を通すことで作業します。このシステムは、現場の浄化システムの代替手段となります。
  • バイオリアクターガーデン 土壌や植生の自然プロセス (脱窒素バイオリアクター) を利用して、浄化システムからの水をきれいにします。この庭園では、XNUMX 層の植物を通じて、廃水の主成分であるアンモニア、硝酸塩、リン、細菌を削減します。最上層は汚染物質と自然生物を分解し、中間層はアンモニアを硝酸塩に変換し、XNUMX番目の層には木材チップとバイオ炭が含まれており、硝酸塩を無害な窒素ガスに変換します。バイオリアクター ガーデンはハワイとパラオで効果的に使用されています。参照 リッジ・トゥ・リーフス これらのプロジェクトの詳細については、こちらをご覧ください。
  • ガラスフィルター 廃水を処理するモレキュラーシーブとして、ビールやワインボトルからのリサイクルガラスを含む砕いたガラスを使用します。ガラスろ過システムは、飲料水のろ過や工業用水の処理など、さまざまな用途に使用できます。この技術は、スコットランドのドライデン アクア工場を含むヨーロッパで普及しつつあります。
  • ミミズ堆肥 廃水から汚染物質を除去するためにワームの使用に依存しています。得られた水は農業用水として再利用でき、貴重な土壌も生成されます。このシステムは、木くず、ミミズ、微生物の層、砕石の第 XNUMX 層、排水桝として機能する第 XNUMX 層で構成されています。このシステムの詳細については、こちらをご覧ください このケーススタディ ハワイのミミズ栽培について。

自然ベースのソリューション

自然ベースのソリューション 社会的課題に対処するために、自然および改変された生態系を保護、持続可能な方法で管理、復元するための行動です。廃水の文脈では、自然ベースのソリューションとは、水の質や量を改善し、気候変動に対する回復力を高めるために、生態系と生態系サービスを計画的かつ意図的に利用することを指します。 参照 廃水汚染に対して、自然ベースのソリューションは、植物や微生物などの戦略を使用して、環境中を移動する汚染水中の汚染物質を分解、吸収、捕捉、および/または酸素化します。これらの自然プロセスは、降雨による汚染流出水など、汚染された地表水や地下水を効果的に捕捉し、濾過してから海洋に放出します。

自然ベースのソリューションには、人工湿地、生物沼地、活性炭堆積物、沈下池、河畔緩衝地帯などが含まれます。これらの戦略は、流速を遅くし、集中型または分散型システムによる追加の処理ステップと自然ベースのソリューションを組み合わせることで、酸素や微生物との相互作用を延長することで、病原体の除去を強化できます。また、他の処理技術に比べて、生物多様性をサポートするための生息地を提供し、レクリエーション(釣りや観光を含む)をサポートし、美的利点を提供するという追加の利点もあります。

 

自然ベースのソリューションを詳しく見るには、次の XNUMX つの例を参照してください。

  1. In プエルトリコ、グアニカ湾、ベチバーグラスレインガーデンを含むグリーンインフラストラクチャは、浄化槽の排出に追加の処理を提供するために使用され、汚染物質の除去を強化し、湾に流入する廃水の量を大幅に削減しました。
  2. In アメリカ領サモア、バイオ炭(有機物から生成された炭)とベチバーグラスは、侵食防止と栄養素の除去に使用されました。
  3. ドミニカ共和国、廃水を捕捉して処理するという重大なニーズに対処するために、建設された湿地(浅い水域、砂利、または水の流れに適した植物が茂った人工培地で満たされた盆地)が使用されました。

排水規制の制定と実施

法律、規制、規範は廃水汚染を軽減するための非常に効果的な解決策となる可能性がありますが、作成、修正、または影響を与えるのは困難な場合があります。規制関連の廃水戦略の例は次のとおりです。 参照

  • 設定 排水排出基準、 これは廃水汚染を規制し削減するための最も一般的なアプローチの XNUMX つですが、複雑になる可能性があり、必要なデータの生成は大規模な作業です。
  • 決定 治療レベルの目標、汚染の削減目標は各処理段階(一次、二次、三次)ごとに設定されます。
  • 設定する 汚濁負荷削減目標、時間の経過とともに汚染物質を減らすための特定の目標を掲げる政策が作成されます(たとえば、過剰な栄養素やその他の化学物質を少なくとも50%削減する)。

廃水を管理するための規制や政策は、地域、地域、国家の取り組みや社会、環境、政治的背景に基づいて異なります。の 22 ~ 28 ページをご覧ください 海洋廃水汚染の実践者ガイド 持続可能な開発目標(SDGs)などの地域および国レベルの既存の枠組みや、下水関連の法律、規制、規範を作成、修正、または影響を与えようとする際に考慮すべきさまざまな行動について詳しく学びます。例としては、陸上汚染および水質に関する法規制の検討、水質改善のための国内法の制定、廃水および廃棄物管理インフラに資金を提供するための投票活動の展開などが挙げられます。また、次も参照してください。 コラボレーションセクション セクター間の調整と廃水汚染に対する統合的アプローチの詳細については、このツールキットを参照してください。

ポルノ youjizz xmxx 先生xxx 性別
Translate »